40代の出産の出産率、可能性007

40代の出産の可能性について
トップページ >
ページの先頭へ

妊娠や出産は女性の義務なのか一昔


妊娠や出産は女性の義務なのか

一昔前の女性達にとって、妊娠も出産も女性として生まれてきたからには人生の途中で必ず経験することになるもの、して当たり前のものであると考えられてきていました。

余程の理由がない限りは、子供を産んで育てるということは空気を吸うように当たり前に行われてきていた行為なのですね。

しかし時代が変わって現代では、必ずしも女性だからといって人生の中で妊娠も出産も経験することにはならない女性も多く存在しています。

それは何故なのかと言えば、そもそも子供を産んで育てるのも育てないのも、個人個人に選択の自由があり、誰かから強要されてするものではないと考える人達が増えてきているからなのですね。

まさに個人が尊重される時代になったと言えるでしょう。


しかしそんな現代の世の中でも、未だに結婚している既婚の女性達に妊娠出産をするようにしつこく催促するような人達も存在しています。

そのように催促する人達のほとんどが、年配の人等のいわゆる昔の時代に生きていた人達です。

典型例が、女性の実の両親や義理両親や近所の世話焼きのおばさん等といった人達ですね。

その人達は現代人が持っている価値観を理解することは難しく、昔の時代の価値観を大切にして生きてきます。

なので悪気があって女性達に妊娠や出産を催促しているのではなく、心配してくれているから催促しているのですね。


しかしいくら心配してくれているからといって、度々催促される女性としてはたまったものではないでしょう。

特に女性が最も嫌っているのが、夫の両親に早く孫を作りなさいと言われることです。

そしてそのように催促する夫の両親は、多くの場合嫁が子供を産み育てるというのは一番大切な果たさなければいけない義務だと思っていることが多いのです。


果たして本当に妊娠も出産も義務として行わなければいけないものなのでしょうか。

実は義務ではありません。

子供を身ごもって産んで育てること、その全てが実は権利なのであります。

女性には子供を産み育てる自由があります。

同様に子供を産み育てない自由もまた存在しているのです。

いくら周りの人間に何回も催促されているからといって、最終的に女性本人にしか子供を産み育てることはできないのですから、決定権は女性にいつでもあるのです。

そういった意味でも子供を産み育てることは、義務ではなくて権利であると言えるのです。

今は昔と違って女性の地位も上がり、女性が自分で自由に人生を選択し生きるようになりました。

本当に良い世の中になったのです。



40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、40代 出産 可能性、

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2014 40代の出産の出産率、可能性007 All rights reserved.